* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する 2009.11.05 Thursday * | - | - | -
* 春エロス2008作品感想
春エロス2008の参加作品の感想です。
感想ですので、あんまり参考になることは言えませんが、気になった方はぜひ一読をオススメします(^^)

縦澤楽さん作
汗ばむ鳥籠

すごい面白いです。
アマチュアの作者さんですが、プロ顔負け。
文章力のある作者様だなーと昔から思っていましたが、ほんとにすごい。

吉原を舞台にした時代小説なのですが、絢爛豪華な吉原の裏側を垣間見ているようで、江戸時代好きにはたまりません。
特に私は、有名な人物の話よりも、庶民の生活ぶりとかに興味があるほうなので、吉原の裏の姿は読んでいて飽きることがありませんでした。

ひばりという少女を通して描かれる、とらいちや三船などの登場人物の過去や生き様は、読んでいて非常に心を捉えます。

物語の終盤、ひばりが「生かされている」と実感する描写は本当に秀逸。
何度も涙しながら読んじゃいました(笑)
これはほんとにおすすめです。

ひそかに続編を期待してたり。
続編あったら確実に読む!
花魁になるまでの姿とか、八尋との関係が変わるのかとか、さ。気になる……(笑)

拍手する 2008.04.20 Sunday * 05:02 | 「小説家になろう」おすすめ作品 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
拍手する 2009.11.05 Thursday * 05:02 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://purple-blue.jugem.jp/trackback/98
<< 春エロス2008オススメ作品。目次 | main | ライオンの子151話&空に落ちる。42話更新! >>