* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する 2009.11.05 Thursday * | - | - | -
* はじめて企画。感想その6。
はじめての×××。企画参加作品の感想です。

梶原ちなさん作
恋するモノクローム

読み終わった時。しばらく放心してしまいました(笑)
もう一言。ステキな物語です。
ちなさんの作風はとにかくめろめろにかわいい。
乙女心を刺激してくれる、乙女のバイブル的なかんじ。
(どうでもいい話ですが、大昔、りぼんのマンガとかは100万人乙女のバイブル!ってあおり文句がよくついてませんでしたっけ?笑)
この作品も、枯れた元乙女にまで胸キュンビームを放ってくれました。
あ、枯れた元乙女、私のことです。すっかり枯れ果てています。乙女?なにそれおいしいの?(’’)

主人公・りこちゃんは最初、暗い淵に立たされ、心を閉ざしまくっています。
だけど、トウゴと出会い、どんどん変わっていく。
大切な人たちと出会って、居場所に気付いていく。(築いていくとも言えますね)

人との出会いって、本当にすごいなと、改めて実感させられました。
モノクロの世界がどんどん色付いていく。
その様はすごく鮮やかで、きらきらしてて、作者様の作り出す世界にがんがん惹き込まれてしまいました。
胸キュンしたい方、人間不信な方(笑)、絶対読んでほしい作品です。

拍手する 2008.05.11 Sunday * 03:15 | 「小説家になろう」おすすめ作品 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
拍手する 2009.11.05 Thursday * 03:15 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://purple-blue.jugem.jp/trackback/112
<< 空に落ちる。番外編。 | main | 「いなくなった『あたし』について」短編投下! >>